傷病手当金 受給期間 要件

傷病手当金の受給期間・要件記事一覧

傷病手当金は、労働者が病気や怪我をしてしまい、結果として十分な報酬が得られない状況に陥ってしまった場合に、健康保険から雇用事業者に替って労働者に一定期間給与の代わりとして支援をしてくれる制度です。健康保険が支払ってくれる傷病手当金の額は、標準報酬日額の3分の2と決められています。標準報酬日額とか、馴れない方には意味不明かもしれませんね。説明しますと、健康保険の保険料の決め方というのは、労働者一人ひ...

傷病手当金の受給においては、社会的治癒とみなされるかどうかという点も重要なポイントです。例えば、肺がんで傷病手当金を受けた方がいたとします。その後、肺がんが治り復職した後に肺がんが再発とします。この場合は、前回に傷病手当金を受けていて、受けた時から1年6カ月がすでに経過していても、再度、肺がんで傷病手当金を受けることができます。理由は、一度治癒(社会的治癒)しているからです。治癒とは、一般には病気...

傷病手当金の支給要件は3日間の連続した休みがあった上で、労務不能と認められた4日目以降から休んだ日数に対して、支給される仕組みになっています。では、労務不能というのは一体どういう状態なのでしょうか?労務不能という状態は、その被保険者が現在携わっている職種や、仕事量、うつ病での申請の場合はストレスの度合いなど、を社会的通念に基づいて判断を行います。もっとシンプルに言うと、どういった仕事をしていて、そ...

傷病手当金を貰いたいという労働者の方は凄く増えてきているのですが、いまいちどういう手続きをしたらいいのかがわからないし、アルバイト・パート社員でも貰えるのかどうかわからない…。傷病手当金を調べて行く上でそんな話をよく耳にしますが、実際にうつ病などの心の病も近年は増加の一歩を辿っていて、はっきりとした基準を知りたいという人が年々と増えてきているのです。こういう時代だからこそ出来るだけ手厚い保障が欲し...

傷病手当金が実際に支給される条件はどうなっているのか詳しく説明すると、3日以上の休みが必要になり、仕事に就く事が不可能な場合、当然仕事についていないため、給与や賃金が受けれない。こういった場合の休んだ日に対して支給されるようになっています。ただし、仕事を休んでいた間に会社から給与の受給がある場合は、その受給した給与の日額金額に応じて支給額は変化します。傷病手当金の日額支給額よりも高い給与が日額計算...

国民健康保険の被保険者期間が最低でも一年以上あり、尚且つ労務不能の日が連続して3日以上ある場合、多くの人は傷病手当金を受給する権利がありますが、「傷病手当金」と言う様な名前を聞くとどうしても人は、「大病を患った人が貰う補助金」といったイメージを持つ人が多いみたいです。そういうイメージを生む理由のもう一つ大きな理由に、申請を行う人の多くは長期的な療養を必要としている人がほとんどのため、健康な方は自分...

うつ病などで労務が行えなくなってしまい、傷病手当金を申請した後にアルバイトをしてもいいのでしょうか?これは可能と言えば可能になりますし、不可能と言えば不可能とも言えます。何故ハッキリとした答えが無いのかと言うと、どういったバイトなのかという部分と、当人のどういった病状が原因で、傷病手当金を申請したのかという二点により、その答えは大きく変わるからです。まず第一に、アルバイトの収入が第一に本業の収入を...

傷病手当金制度で注意が必要なところの一つに、任意継続被保険者になってからでは傷病手当金の支給はされないという点が挙げられます。以前は、健康保険の任意継続中に傷病手当金の支給要件に該当すれば傷病手当金がもらえましたが、任意継続中の傷病手当金制度は既に平成19年4月1日で廃止されています。任意継続期間中だから傷病手当金がもらえないということではなく、在職中に傷病手当金をもらえる権利を得ていないで退職し...

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


トップへ戻る