傷病手当金 額

傷病手当金の額

傷病手当金は、労働者が病気や怪我をしてしまい、結果として十分な報酬が得られない状況に陥ってしまった場合に、健康保険から雇用事業者に替って労働者に一定期間給与の代わりとして支援をしてくれる制度です。

 

健康保険が支払ってくれる傷病手当金の額は、標準報酬日額の3分の2と決められています。

 

標準報酬日額とか、馴れない方には意味不明かもしれませんね。
説明しますと、健康保険の保険料の決め方というのは、労働者一人ひとりの賃金額から保険料率を掛けて保険料を算出したのでは事務処理があまりに大変なので、、ここからここまでは保険料はいくらという価格帯を設定しているのです。

 

その価格帯の保険料の日額や月額額のことを標準報酬日額とか標準報酬月額というわけです。

 

 

では、傷病手当金の額がいくらになるのか、具体的な例で説明しましょう。

 

今あなたが会社から給与として、月給30万円を貰っていたとします。
すると傷病手当金はその30万円の3分の2の計算になるので、毎月20万円になります。

 

最長で1年と6カ月(18ヶ月)の支給になるのでトータルの総額でいくと…

 

   20万×18ヶ月=3,600,000円が総支給額という計算になります。

 

傷病手当金の支給期間

最長で1年6カ月が傷病手当金の支給を受けることができる期間です。
1年6カ月が経てば、同一の疾病や負傷、今回であればうつ病ですが、たとえ病気が完治していなくても期間をすぎたら支給されません。

 

また、同一病名での傷病手当金の支給は1年と6ヶ月以降は受給が出来ない仕組みのため、再度傷病手当金を受給しようという場合は、別の病名が必要になってきます。

しかし例外もあります。
1年と6ヶ月という受給期間が残っている段階で、うつ病の病状が回復を見せ別の仕事に再度就職したとします。

 

この場合、給与をもらった時点で傷病手当金の枠組みからは外れてしまいますが、その後何かのキッカケがあって再度うつ病を発症したとしても、1年と6ヶ月の期間内であれば何度でも傷病手当金を受給することが可能です。

 

一方、前回の傷病(うつ病)がいったん完治(社会的治癒を含む)し、再発したと保険者が判断すれば再度傷病手当金を受給することが可能です。

 

ちなみに、社会的治癒とは、ある病気が、

 

一定期間薬をのんでいないとか、病院に通院していない場合に病気が治癒したものと取り扱うことです。

 

中には、1つの病名につき1年と6ヶ月と決まっていることを利用して、支給期間マックスで支給を受けておいてから、知り合いの医師などに記入を頼んでもらって別の病名を記入してもらい、不正に支給を受けている人もいる様です。

 

しかし、これは不正受給ですから犯罪です。

 

 

そもそも、傷病手当金は基本的には1年と6月までと思っていた方が、次の目標を立てやすいと思います。

 

1年6カ月すぎても治療が必要で経済的に不安を抱える方も多いと思いますが、

 

すでに退職している場合には、失業保険(雇用保険の基本手当あるいは傷病手当)の受給や障害年金の支給を検討してみましょう。

 

社会保障制度をつないでいくという方法もあることを知っておくだけでも大きな安心になるのではないでしょうか?

 

 

 

 

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


トップへ戻る