うつ病 改善 回復体験談

うつ病、その闇を照らす一筋の光

誰でも嫌なことがあったりすれば落ち込むものです。
でも、うつ病というものはそういう単純なものではありません。

 

もう世界が終わるかのように全く希望が持てず、自分は無用の人間だと思い込み、死ぬことばかり考えます。

 

死にたいというか、ここからいなくなれたらどんなに楽だろうかと、そんな考えがとりとめもなく勝手に浮かんできて、自分の考えがまとまらないのです。

 

私も経験しましたが、うつ状態になっている時はどんなに頑張ってもいい方向には物事を考えることができず、自分の思考がすべてマイナスの方向に勝手に引っぱられていくような気がしていました。

 

よく、うつ病の人に励ましは厳禁だと言いますが、本当にその通りです。

 

頑張れとか、くよくよするなとか、元気出せとか、そういう言葉は無意味です。無意味どころか、確実にうつ病の人を傷つけます。

 

うつ病の人は、ただ単にそばにいてほしい、話を聞いて欲しい、そう思っているだけなのです。

 

そして、自分を肯定して欲しいのです。

 

自分などいなくてもいい、消えてなくなりたいと思う時、自分の存在そのものを肯定してくれる人がいるというのは本当にありがたく、心強いものです。

 

ここにいても大丈夫、あなたはそこにいるだけでいいんだよ、というその言葉が、深い闇を照らす一筋の光にもなり得るのです。

 

近年はうつ病にかかる人が増えていると聞きます。
そして、新しいタイプのうつ病も出てきているそうです。

 

世の中が多様化し、精神的に疲弊する人が多いのでしょうか。

 

睡眠や栄養をとって体調を保つように、心にも休息と栄養が必要です。

 

そして何よりも、自分を支えてくれる人の存在が必要なのです。

 

家族が、自分がうつ病になった時、どうするか。

 

誰でもなり得る病気だけに、考えることが必要なのかもしれません。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


トップへ戻る