うつ病とは

うつ病の種類 〜季節性うつ病について〜

うつ病で退職・休職していると、当然経済的基盤がなくなってしまい、困りますよね。
そんな方のために「傷病手当金」というものがあります。

 

これは、うつ病で休職・退職している方のために「月給の3分の2を支給する」というものです。

 

さて、ではどのような症状が「うつ病」と認定されるのか、
うつ病の種類を見ていきましょう。

色々ありますが、今回はその中の一つ「季節性うつ病」について書きます。

 

これは、ある特定の季節に症状が現れるうつ病です。
特に秋の終わりから冬にかけて多く見られます。

 

春先に回復することが多いので、日照時間の長短に原因があると言われています。
普通のうつ病と比較し、仮眠や過食などの症状が多く見られるようです。

 

秋から冬にかけて多いというのは、日照時間だけでなく、気温も関係があるような気がしますね。

 

「冷えは万病のもと」と言われますが、体の調子が冷えにより悪くなることで、精神の調子も悪くなるのだと思います。

 

あたたかい心」だけでなく「あたたかい体」も大事にしたいですね。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


トップへ戻る