うつ病 躁うつ病 違い

躁うつ病について

うつ病と躁うつ病の違いですが、
うつ病の種類には色々あって、その中の一つに「躁うつ病」があるということなんです。

 

 

普通のうつ病は「うつ状態」だけが続きますが、
「躁状態」と「うつ状態」を繰り返すものを躁うつ病と言います。

 

躁というのは、気分が明るいハイテンションな状態です。
普通だったら疲れる状態でも全然疲れず、休みもなしで働き続けたりします。

 

一見良い状態のように見えますが、その疲れは必ずどこかで来ますし、また、冷静な判断ができなくなっているので、気分が大きくなって過剰な投資をしてしまったり、借金をしてしまったりします。

 

うつというのは、説明不要かも知れませんが、躁とは逆の、気分が落ち込んでいる状態です。

 

これは周りから見て、精神的に問題があることがわかりやすいので、躁に比べると、周囲は気づきやすいといえます。

 

うつに関する研究と理解が進んだ現在では、うつ病と躁うつ病は別の症状と考えられており、それぞれに適した治療法が考えられています。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


トップへ戻る